中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー



2019/03/13 Vol. 360
【キャスト中国市場インサイトメルマガ 第360号】~中国での自動車免許取得~
中国市場・業界・企業・消費の「いま」を徹底調査&分析
「キャスト中国ビジネス」中国マーケティングEC会員コース
http://www.cast-marketing.com/

===============================
2019年3月13日 毎週水曜日配信・無料
【キャスト中国市場インサイトメルマガ 第360号】
===============================

 こんにちは。キャストの大亀です。

 3月11日に正式オープンした体験(コト)型スーパー「Deli Life」を訪れました。場所は上海浦東「世紀大道」地下鉄駅直結の「世紀匯」モール。総面積5000㎡超で、その半分くらいがダイニングエリアではないかと思われるほど、「グローサラント」形式が意識されています。

 その一角にオープンしたのが北海道富良野ラーメン店「とみ川」。北海道で4店舗展開、上海では虹橋地区の「万象城」モールにもあります。

 メニューには味噌ラーメンもありますが、注目はミシュランガイドに掲載された「石臼挽き中華そば」。小麦を石臼で殻ごと挽いた全粒粉を使った麺。口に入れた瞬間に「そば?」と思えるほどの濃厚な小麦の香りと食感を存分に味わえます。スープも化学調味料未使用のこだわりで、醤油ベースのあっさりとした味わい。

 原料の小麦粉は北海道からの輸入だそうで、「麺の本場である中国で、多くの人に全粒粉の麺を食べてほしい」と熱く語るオーナーの富川氏。上海進出のきっかけは「大悦城」モールの「ラーメン競技館」出店で、自らも2年弱上海に滞在されたとのこと。同氏のように、もっと多くのチャレンジ精神旺盛な日本人の飲食店経営者が登場してほしいと願いながら、本場のラーメンを堪能しました。

 今週のコラムは中国での運転免許証取得についてです。では、中国市場インサイトメルマガ第360号をお送りいたします。

================================================================

【目次】
 1. コラム「大亀浩介の中国Bizコンサルタントの眼」(第360回)
     ~中国での自動車免許取得~

 2. 新着コンテンツ一覧

 3. お知らせ
     会報誌「チャイナ・マーケット・インサイト」2019年1&2月合併号(vol.61)発行
     (詳細)http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Periodical

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
コラム
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「大亀浩介の中国Bizコンサルタントの眼」(第360回)
 ~中国での自動車免許取得~

 これまで私は4つの免許証を取得しました。初めてはもちろん日本。大学1年時の19歳に東京で取得。大学卒業後に留学したアメリカ・ニューヨーク州で2個目を取りました。1998年に渡った台湾で3個目。そして2004年から移り住んだ上海で、09年に4個目を取得しました。

 日本以外はもちろん、いわゆる「切り替え」ですが、アメリカは簡単な路上での技能テスト、台湾は自動車学校内での技能テスト、中国は逆に筆記テストのみでした。中国人の場合、18〜70歳までが取得可能で、日本同様に自動車学校で筆記と技能両方の授業を受けた後、テストで合格する必要があります。

 中国で外国人が運転免許証を取得するには、まず本国の免許証の中国語翻訳(公証印必須)を持参の上、公安局交警総隊車輌管理所(車管所)で簡易な身体・視聴覚検査を受けます。その後、筆記試験の日程を予約、当日はその場で解散となります。

 筆記試験は中・日・英語から選択。あらかじめ模擬問題集がもらえ、100点満点中90点で合格となります。ずっと以前は試験場に通訳を連れて入ることができ、彼に日本語で答えを教えてもらえたとか、“紅包”を渡せば大丈夫だったといった話も耳にしたことがありますが、今は当然NGです。

 2009年に初めて筆記試験を受けた際は、日本語を選択。正直、配布された模擬問題集の日本語はいわゆる「機械翻訳」レベルで、そもそも日本語として理解できない質問内容もありましたが、全部で300題のみだったので、丸暗記で何とかクリア。恥ずかしながら15年に再テストとなってしまったのですが、その際は約5000題から100題とハードルが一気にアップ。さすがに日本語とはいえ、意味不明な文章を丸暗記するわけにもいかず、中国語で受けました。

 試験会場には数十台のパソコンが並べられ、画面に表示された質問に対して選択式で100問回答。一旦回答すると戻れない仕組みで、合否結果(点数)は終了後すぐに画面上で通知されます。中国語での試験準備はかなりの時間と労力を要しましたが、何とかパス。試験とほぼ同じシステムで模擬テストが受けられるウェブサイトもあるので、そちらを活用するのも手でしょう。 

文責:コンサルタント 大亀浩介

バックナンバー一覧はこちら >> http://www.cast-marketing.com/okamekosuke/

★Facebookのアカウントをお持ちでしたら、ぜひ「いいね!」をお願いします
================================================================
キャスト中国マーケティング・ECサイトの公式Facebookページ
■□■大亀浩介の『チャイナ・マーケット・インサイト』■□■
http://www.facebook.com/chinamarketinsight/
<<中国各地の素顔を、写真とミニレポートでリアルタイムにお伝えします>>
================================================================

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
新着コンテンツ一覧
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※下記コンテンツの全文を閲覧するには「中国マーケティングEC会員」のログインIDとパスワードが必要です(一部お試し閲覧除外記事あり)。「フル/法令/Q&A会員」のログインIDとパスワードではログインできません。(お試しID発行 >> http://www.cast-marketing.com/trial/)

◆驚異的スピードで店舗網を拡大「ラッキンコーヒー」(2)
 ~一杯無料で消費者にアピール

 「新小売」の要素が満載のラッキンコーヒーだが、その主な顧客層はホワイトカラーと若年消費者。宣伝から実際の販売まで、オペレーションはすべてアプリを通して行っている。このため、当初の課題となったのは、いかに消費者にアプリをダウンロードさせるかだった。そこで、ラッキンコーヒーは「ハイリターン」戦略を採用......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2647

◆驚異的スピードで店舗網を拡大「ラッキンコーヒー」(1)
 ~1年で1400店超オープン 新小売コーヒーが大躍進

 ラッキンコーヒーは2018年1月にテスト営業を開始、その後5月8日に正式にオープンした。現在(18年10月末時点)、北京、上海、広州、西安、青島など全国21都市に1400店あまりを展開、瞬く間に中国国内第二のコーヒーチェーンに成長した。ラッキンコーヒーが登場する前に、中国のコーヒーチェーンの頂点に立っていたのはスターバックスコーヒーとコスタコーヒーだった......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2646

◆地方都市まで広がる中国コーヒー市場 (8)
 ~三線・四線級都市に浸透 オンラインコーヒー市場

 商業データ企業CBNDataの「2018中国コーヒー業界考察」によると、17年のオンラインコーヒー消費のうち、一線・二線級都市のシェアは4割程度で、その他は三線・四線級都市や農村地区が占めたという。一線・二線級都市でのコーヒーショップ間の競争が激しさを増している一方、オンラインでは、コーヒーはすでに「プチブル」の枠を越え、地方都市の消費者にも深く浸透しはじめていることが注目に値する......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2645

◆地方都市まで広がる中国コーヒー市場 (7)
 ~コーヒーの消費者層 若い女性がメイン

 若者を中心とした中間層が、コーヒーの主要消費者だ。グルメ・口コミアプリ「美団点評」研究院による中国のコーヒーショップに関する調査報告によると、コーヒーショップでの消費の75.3%が、20~35歳の若年層によるものとされている。性別では女性が多く70.8%、男性は29.2%に過ぎない......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2644

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
お知らせ
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

1)会報誌「チャイナ・マーケット・インサイト」2019年1&2月合併号(vol.61)発行

 会報誌2019年1&2月合併号(vol.61)では、巻頭特集にアリババの「新小売」を取り上げました。アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)会長が、16年10月に発表した「新小売(ニューリテール)」。リアルとネットを融合し、ビッグデータやAI(人工知能)、物流を有機的に結びつけ、将来的にネット通販という言葉すらなくなるだろうとしたオムニチャネルの新コンセプトです。

 この発表以来、「新小売」が中国小売業の発展を引っ張るエンジンのような役割となり、ほぼ全ての小売企業を「新小売」というフレームワークに内包するまでになりました。

 ここ2年間、アリババは投資と自社育成という2つの手段で、「新小売」を全方位的に発展させようと邁進してきました。従来の実店舗網を有する小売流通チェーン大手に次々と投資して傘下に取り込んだだけでなく、「ネットスーパー+グローサラント」という全く新しいビジネスモデルを実践した生鮮スーパー「盒馬鮮生(フーマーフレッシュ)」も生み出しました。

 現在アリババの「新小売」戦略は、ネットショップ、スーパー、百貨店、家電・デジタル、ホーム関連、生活情報サービス、パパママショップ(家族経営零細店)のアップグレード(コンビニ化)など様々な領域に及んでいます。こうした取り組みを実現させる“縁の下の力持ち”として、アリババ傘下の阿里雲(クラウドサービス)、菜鳥物流(CaiNiao)、螞蟻金服(アントフィナンシャル)などの存在も忘れてはなりません。

  アリババの後を追うように、騰訊(テンセント)、京東(JDドットコム)、蘇寧(スニン)などの大手各社も「新小売」モデルへの業態転換に相次いで着手。こうして中国の「新小売」の波は、業界や企業を跨いで、より多元的に広範囲に広がりつつあります。

  そこで、アリババの「新小売」戦略について、業界大手も続々と呑み込む投資戦略のほか、近隣の不動産価格にも影響を及ぼすまでになった「新小売」の申し子「盒馬鮮生」、淘宝(タオバオ)の生鮮品宅配「淘鮮達」を活用した従来型スーパーの「盒馬」化、都市の消費生活圏を“丸呑み”にする「餓了麽」と「口碑」の合体の狙いについて。

 また、ビッグデータとAIを積極活用した新商品のプロモーション「天猫小黒盒(Hey Box)」、リアル店舗をデジタル化する「天猫智慧門店」、地方のパパママ店をコンビニ化する「零售通」と「天猫小店」、消費者ニーズと工場を結びつける「淘宝心選」と「同心システム」、地方の生産・製造業者を繋いで格安販売する「天天特売」などについて、詳しく解説します。

 次に、新疆ウイグル自治区の首府・烏魯木斉(ウルムチ)の現地視察レポートです。中国政府の「一帯一路」政策に伴い、ユーラシア大陸の中心に位置する新疆ウイグルの発展機運が高まる中、まさにその中心であるウルムチは、いま経済発展の真っ只中にあります。

 中国最大の面積を誇る新疆ウイグル。その総面積は163万平方キロメートルで、中国全土の六分の一に相当します。人口は2444万人に過ぎませんが、豊富な天然資源、特にエネルギー資源を有することから、「一帯一路」と相まって海外との貿易でも注目を集めています。

 ウルムチは、古くから外国との貿易の重要な拠点として、周辺に大きな影響力を持っていました。総面積は約14万2000平方キロメートル。17年末の総人口は約222万人。17年のGDPは2743.82億人民元で、中国の26省都のうち21位。ランキングでは下の方ですが、内モンゴル自治区のフフホトを上回り、成長率も全国平均より高い8.1%を記録しています。

 石油化学、冶金、紡績、機械製造、ハイテク、建材、医薬、食品、軽工業、電子情報の10大産業が発展し、なかでも石油化学と冶金は業界のトップレベルを誇ります。市全体のGDPに占める第二次産業の割合は38.8%に達し、日系ではトヨタや積水化学が進出。

 「一帯一路」の中継都市として重要さを増すウルムチですが、その消費現場はどんな状況なのでしょう。結論から言うと、想像を遥かに超えた光景が広がっていました。コト(体験)を意識したモールの数々、輸入食品だけでなく海鮮や上海カニまで豊富に取り揃えられた品揃え、刺し身や寿司を楽しむ現地消費者、セルフレジも導入されたコンビニなど、ハードとソフト両面でレベルの高い消費現場に驚きの連続でした。

 そこで、物流と貿易のハブ(中継地)としての発展状況から、各商圏と商業施設の紹介、市内に3カ所と存在感高める万達広場、それに対抗する地場系の有力商業集団、若者から圧倒的な支持を集める「KL星品匯」モール、日本食やカルチャーの浸透具合、エスニックムード満載の「国際大巴扎(バザール)」などについてレポートしています。

 また中国コンビニ最前線レポートでは、ウルムチのコンビニ事情について。市内にすでに500店舗以上あるとされるコンビニですが、そのほとんどが「八点半」と「毎日毎夜」の2強に牛耳られています。

 どの店舗も、上海等の沿岸部のチェーン店と比べて何ら遜色もないレベルで、NFC(非濃縮還元)果汁飲料やフランスの輸入ワイン、輸入ビール、日本や台湾からの輸入スナック菓子なども並んでいます。おでん、ソーセージ、茶葉卵、肉まん、コーヒーなどに加え、ウイグル族の窯焼きパンも販売され、現地ならではの品揃えも。意外にもレベルの高いコンビニの実態について紹介しています。

 最後は中国小売業界のランキングから見た小売業の現状について。中国商業聯合会と中華全国商業信息中心が2018年6月に公表した「2017年度中国小売ランキング100」によると、17年の中国小売ランキングトップ100社の売上は前年比26%増の6.08兆元。成長率は16年と比べて7.5%上回り、社会消費品小売総額(小売全体)の成長率15.8%をも上回っています。

 このランキングで絶大なる地位を占めるのが、電子商取引(EC)プラットフォーム大手の天猫(Tモール)と京東(JDドットコム)。それぞれ売上2兆1086億元、1兆2945億元で1位と2位を占め、3位以下の大連大商集団(約2808億元)、4位と5位の家電量販大手の蘇寧(約2433億元)と国美(約1925億元)を圧倒しています。

 従来のリアル店舗を主体とした小売各社も、「新小売」を軸としたネット化を進めています。そうした中、その目まぐるしい変化に対応しきれていないのが外資系各店。仏系スーパー大手のカルフールは業績が年々悪化し、すでにトップ10から脱落。米ウォルマートは京東との提携を開始。外資系トップの康城投資(大潤発)の親会社である高鑫零售もアリババの資本参加を受け入れました。

 かつての輝きやブランド価値を失いつつある外資系ですが、その要因はどこにあるのか。このような観点も踏まえながら、中国小売業の実態と動向について、ランキングとともに解説しています。

 そのほか、以下のとおり、中国マーケティングやECに関する情報が盛りだくさんです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』 
2019年1&2月合併号(vol.61)  もくじ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【巻頭特集】
『世界も認めるアリババ「新小売」大解剖』
 ビッグデータで中国サプライチェーンをデジタル化

【現地視察レポート】新疆ウイグル自治区・ウルムチ
『“意外”な発展ぶりのウルムチ消費現場』
 「一帯一路」の中継都市として注目

【小売・流通現場】中国コンビニ最前線レポート
『新疆ウイグル自治区に無人店舗や外売など新小売業が相次ぎ誕生』
 ウルムチのコンビニ事情

【業界研究】中国小売業界
『ネット系躍進、外資系苦戦が際立つ中国小売業』
 2017年中国小売ランキングトップ100

【都市別調査】
下剋上の方程式①
『越境EC頂点網易考拉 スマホ2番手OPPO』

※詳細はこちら:http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Periodical

────────────────────────────
【中国マーケティング・EC会員コース クイックリンク】
────────────────────────────
■サービス詳細 >> http://www.cast-marketing.com/service/
■お試しID発行 >> http://www.cast-marketing.com/trial/
■お問い合わせ >> http://www.cast-marketing.com/inquiry/