中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

マーケティング戦略分析 [ 2011年12月23日 ]

中国における直営店とフランチャイズ店③
加盟店を強化する六福、直営にこだわる周生生
香港の宝飾品メーカーを比べると中国事業の展開の違いが際立つ。六福の戦略は非常に明快で、フランチャイズ店を活用することで「数」の勝負に出ている。一方、周生生は全て直営店での展開だ。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年12月22日 ]

中国における直営店とフランチャイズ店②
店舗展開に社員教育が追いつかない?
香港の化粧品大手、ササの中国事業の不振の背景には、社員教育が思うように進んでいないことのほか、関税や検疫など中国ならではの事情があった。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年12月20日 ]

中国における直営店とフランチャイズ店①
バウハウスとササ、中国事業不振の背景は?
香港系アパレルのバウハウスや化粧品大手のササの中国事業がさえない。発展戦略の欠如や加盟店(フランチャイズ)の不調がその背景にあるようだ。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年5月3日 ]

上海から中国全土制覇を目指す、台湾系複合式カフェ「85度C」の成功の秘訣③
画期的な「24時間営業のベーカリー」、市場革命起こす85度C
85度Cは中国事業において斬新なスタイルを取り入れている。その一つが「24時間営業のベーカリー」であり、人材面でもケンタッキー・フライドチキン(KFC)から幹部を引き抜くなど、一歩間違えば業界の異端児だが、それが成功している。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年4月26日 ]

上海から中国全土制覇を目指す、台湾系複合式カフェ「85度C」の成功の秘訣②
中国市場の特性に応じた現地化戦略、 85度Cのこだわり
85度Cは台湾で空前の成功を収めたが、中国進出に際しては現地化をポイントの一つとして掲げた。直営店展開、テイクアウト中心からの脱却、ニーズに合わせた商品構成などがそれだ。メニューではパンやケーキ類を前面に押し出し、コーヒーをサブとしているのも特徴だ。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年4月25日 ]

上海から中国全土制覇を目指す、台湾系複合式カフェ「85度C」の成功の秘訣①
価格はスタバの1/3、「ファストファッション」型カフェの躍進
台湾系の85度Cは2007年11月の上海進出以来、すでに中国大陸内で158軒の直営店を展開している。総売上高の約6割を中国事業が占める。その秘密はコスト圧縮、高品質の維持、飽きない新メニューの登場・・・などが挙げられる。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年4月12日 ]

中国ナンバーワンのアパレルECサイト—凡客誠品(VANCL)③
コミュニティサイト「凡客達人」でソーシャルコマース推進
VANCLはコミュニティサイト「凡客達人(star.vancl.com)」をスタートさせた。消費者をブランドのメッセンジャーだけでなく、販売チャネルそのものにならしめる考えだ。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年4月11日 ]

中国ナンバーワンのアパレルECサイト—凡客誠品(VANCL)②
Tシャツとデッキシューズが2大看板商品
VANCLの看板商品であるTシャツとデッキシューズは、「身近なファッション」の理念を体現し、値段は押さえながらも品質がよく、またそれなりにおしゃれなデザインだったため、若者から大きな反響を呼んだ。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年4月8日 ]

中国ナンバーワンのアパレルECサイト—凡客誠品(VANCL)①
「80後」を意識した広告戦略
VANCLは2010年、若手新進作家の韓寒と女優の王珞丹をイメージキャラクターにし、「凡客体」なる広告を打ち出した。キャッチフレーズには、「80後」の若者が社会に対して冗談交じりにいうセリフや、カルチャーを面白く表現する言葉などが使われた。

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2011年3月2日 ]

中国市場特有のルール理解に向けて
米最大家電量販店ベストバイが中国撤退した原因とは?
中国では、まず規模があればこそ利益の話ができ、交渉もでき、それによって管理コスト、購入コスト、運営コストを下げることができる。ベストバイはその拡張スピードの遅さがコストを下げきれず、商品価格の値段を上げてしまい、そのため資金繰りが困難になった。

 

    1 ページ 全 2 ページ (総数: 15)