中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー
チャイナ・マーケット・インサイト

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年11月16日 ]

中国高齢者向け「養老」産業を徹底分析 (11)
深刻な高齢化社会はもう間近 医療・介護の高級施設が人気に
高齢化社会の到来に備え、中国政府も在宅ケアサービス企業に対する税収面などでの優遇政策を実施している。結果的に、多くの民間企業(不動産ディベロッパーや保険会社など)が市場に参入。五つ星レベルの医療設備を備えたマンションを建設している......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年11月13日 ]

中国高齢者向け「養老」産業を徹底分析 (10)
加速するチェーン展開 地場企業との戦略提携
外資系施設の多くはチェーン方式による全国展開を進めている。日系のウィズネットは、2004年に中国の高齢者在宅ケア市場に参入。11年に大連で高齢者ケアセンターを開設している。今後は東北三省(遼寧省、吉林省、黒竜江省)に600ヶ所以上の高齢者ケアセンターを展開していく目標だ......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年11月12日 ]

中国高齢者向け「養老」産業を徹底分析 (9)
医療ケア・介護で強みを発揮 在宅ケアにも積極進出
高齢者は、年齢や身体機能に基づいて、健常、自立、要支援、要介護の4つに分類される。要支援と要介護の市場は難易度が高く、リスクも高いため、中国の地場企業はこの領域にあまり参入したがらないようだ。 一方、外資系企業は自国での豊富な経験を活かし、この領域への参入も比較的多い......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年11月10日 ]

中国高齢者向け「養老」産業を徹底分析 (8)
虎視眈々と事業展開を進める外資系の取り組み
ここ数年、外資の高齢者関連企業の参入が続いている。CPM、Emeritus、Fortress、ABHOWなどの「アメリカ系」、リエイ、ウィズネット、ロングライフホールディング、韓国書佑集団などに代表される「日韓系」、そしてColisée、Orpeaなどの「フランス系」が代表的存在だ。外資が参入した際の高齢者向け不動産は、主にマンション付設型、都市医療・ケア結合型、CCRC(Continuing Care Retirement Community:持続性ケア・リタイアコミュニティ)型の3つだ......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年11月9日 ]

中国高齢者向け「養老」産業を徹底分析 (7)
中国地場系の高齢者向け施設の代表例
中国地場系で比較的成功を納めている高齢者施設の代表例は、親和源と泰康之家だろう。親和源は2005年設立。会員制の高齢者向け住宅運営と、高齢者ケアサービス管理を行う専門企業だ。 泰康之家は、泰康保険集団傘下の全額出資子会社。仮想金融と医療、高齢者ケアサービスを統合し、ハイクオリティな医療・ケアコミュニティを形成している......