中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国ビジネス最前線 [ 2020年1月28日 ]

「現金お断り」も“当たり前”の中国キャッシュレス社会 (1)
スマホ決済普及率世界一の中国 携帯ユーザーの7〜8割が利用
プライスウォーターハウスクーパースが公表した「2019年世界消費者意識調査(Global Consumer Insight Survey 2019)」によると、中国の人口の86%がすでにモバイル決済を利用。モバイル決済の普及率は世界平均の3倍前後に達し、世界トップ水準だという。 中国インターネット情報センター(CNNIC)が公表した第43次「中国インターネット発展状況統計報告」によると、18年12月末時点の中国の携帯電話ネットユーザー規模は8.14億人......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2020年1月6日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (17)
“プチ贅沢”ニーズにピッタリ 政府も産業育成を積極支援
「80後(1980年代生まれ)」や「90後(90年代生まれ)」など若い世代が消費の主力層になるのに伴い、個性や差別化、こだわりといったニーズに応えるクラフトビールは、「消費昇級(アップグレード)」トレンドにも乗り、大きな発展が見込まれる。フレーバーの豊富さも、女性消費者へのアピールも期待できるだろう......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2020年1月3日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (16)
こだわりのマイナー商品から 大衆向け人気商品へ
現在、クラフトビールの消費者層は二つに分類できる。一つは文化的素養のある消費者層。彼らは品質や文化、社交などを重視する傾向が強い。年齢は28~45歳、月収1.2~1.5万元以上で、一定の消費力を持つ。 もう一つは消費主導型の消費層だ......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2020年1月2日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (15)
人気レストランチェーン店も クラフトビールを発売
レストランはクラフトビール消費の重要なチャネルの一つだ。2017年に人気火鍋チェーン「海底撈」が自社オリジナルのクラフトビールを発売。老舗の重慶徳庄火鍋店もオリジナルの徳庄精醸ビールを発売した......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2020年1月1日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (14)
天猫がインベブと「新小売」提携
アリババ系の天猫(Tモール)は、2016年から定期的に「世界酒水節(フェスティバル)」を開催。当初はワインやリキュールなどを中心としていたが、現在はクラフトビールにも力を入れている。18年にはインベブと戦略提携し、傘下のグースアイランドやボクシングキャットなどのクラフトビールブランドの販売に乗り出した......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2019年12月31日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (13)
京東もクラフトビール販売着手
EC(電子商取引)大手の京東(JDドットコム)やアリババ系天猫(Tモール)も、クラフトビールの販売に力を入れ始めている。コールドチェーン物流が整備され、ビールの鮮度保持技術が向上されるに伴い、ECチャネルがクラフトビールの重要な販売チャネルとして注目を集めている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2019年12月30日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (12)
中国の主要クラフトビールブランド~【酒花児】
外部からの投資を得たもう一つのクラフトビール関連企業が、2015年設立の「酒花児」だ。他のクラフトビールブランドとは異なり、「酒花児」はビールの生産のみならず、販売、流通、メディアなど多くの段階に関わっている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2019年12月27日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (11)
中国の主要クラフトビールブランド~【パンダブリュー(熊猫精醸)】
パンダブリュー(熊猫精醸)は2013年の設立。当初は店内醸造の方式を採用していたが、現在は店内消費と流通の両方を採用。北京、上海、成都、青島、長沙、杭州、厦門、合肥、昆明などの都市で、18の直営店を運営している。2014年から15年にかけてメディアで高い注目を集め、各地の卸売や販売チャネルでも急発展......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2019年12月26日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (10)
中国の主要クラフトビールブランド~【マスターガオ(高大師)】
「マスターガオ(高大師)」は中国でもっとも古いクラフトビールブランドの一つだ。設立は2008年。その最大の特色は中国テイストを前面に押し出している点だ。味、イメージ、パッケージなど、中国らしさへのこだわりが感じられる。例えば、「Baby Fat(嬰児肥)」シリーズは、縁起の良い年画風の子供のイラストをラベルに起用......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2019年12月24日 ]

高級化が進む中国ビール市場 (9)
店内醸造と委託加工が主流
現在、中国のクラフトビール(「工房ビール」とも称される)の流通チャネルには、自家醸造設備付き店舗型と委託加工型パック済み製品の二つが存在する。自家醸造設備付き店舗の場合、レストランの経営許可証を取得すれば、店内に500~2000リットルの生産設備を設置し、店内で醸造と販売を行うことができる。消費ターゲットは所在地とその周辺エリアだ......

 

    1 ページ 全 14 ページ (総数: 137)