中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月19日 ]

ライブコマース市場分析 (10)
問屋市場から直接動画配信 ライブ動画産業基地とは?
今後、淘宝が力を入れていくのが工場から消費者へのサプライチェーンをライブコマースで一括りにする「直播(ライブ動画)産業基地」の建設だ。工場や卸売市場からライブコマースを通した直売モデルの直播(ライブ動画)産業基地が各地に誕生している。現在、淘宝直播で、アパレル系のライブ動画産業基地の数は100箇所以上、ジュエリー系も17箇所に及ぶ......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月18日 ]

ライブコマース市場分析 (9)
観光、外食、内装業も参入 コロナ禍で新規参入719%増
新型コロナウイルスのまん延を背景に、淘宝直播(タオバオライブ)の新規参入企業数は2020年2月に前月比719%増と激増した。多岐にわたる業界で、淘宝直播への「転戦」が続出。デパートの販売員から小規模店の店主、不動産、トレーニングコーチ、5万人を超える農業従事者、さらには裁判官や地方自治体の長までが動画配信に“参戦”した......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月15日 ]

ライブコマース市場分析 (8)
中国ライブコマース首位「淘宝直播」 ユーザー4億人、取引額2,000億元突破
淘宝が発表した「2020淘宝直播新経済報告」によると、2019年末時点の淘宝直播(タオバオライブ)のユーザー数は4億人で、年間の取引額は2,000億元に達しているという。EC全体に対するライブコマースの比率(ライブ動画配信により発生した売上/EC売上全体)は、2018年同期比で2倍増。1日に淘宝直播で配信される動画は延べ35万時間だった......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月14日 ]

ライブコマース市場分析 (7)
情報の透明性と利便性を評価 「巣ごもり」でさらに成長
中国調査会社のiiMedia Research(艾媒諮詢)は、「2020-2021中国ライブコマース業界状況ビッグデータ分析及びトレンド研究報告」で、多くの中国消費者がライブコマースでの消費を好んでいると発表した。「必ずライブコマースで消費する」とアンケートに回答した人は14%、「ライブコマースを利用するかもしれない」とした人は39.2%、「あまり興味がない」は22.7%、「多分利用しない」が11.9%、「絶対利用しない」は12.2%だった......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月12日 ]

ライブコマース市場分析 (6)
ライブコマースの収益構造 サービス料+コミッションが主流
ライブコマースでの動画配信者と企業及びメーカー間の提携モデルは、主に次の3つに分類できる。1)包括提携、2)サービス料+コミッション、そして3)コミッションのみ。包括提携では、動画配信者が各企業やメーカーのニーズに合わせたショート動画を配信。主にフォロワーを対象に広告・宣伝を展開する。大手企業にとっては、この提携モデルが最もふさわしいだろう......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月11日 ]

ライブコマース市場分析 (5)
一番人気の動画投稿アプリ 抖音(TikTok)
中国で最も人気のある動画投稿アプリは、抖音(ドウイン)だろう。平均デイリーアクティブユーザー数は4億人超、平均デイリーアクティブタイム76分、アクティブユーザー数の割合64%を誇る。抖音もまた、2018年5月にEコマースへの参入を発表した。主にインフルエンサーやKOL(キーオピニオンリーダー)などの「網紅(ワンホン)」の影響力をフル活用して売上を伸ばしている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月8日 ]

ライブコマース市場分析 (4)
地方都市・農村中心に人気 快手(クアイショウ)
2018年以降、日本ではTikTokで知られる抖音(ドウイン)や快手(クアイショウ)などのショート動画投稿アプリも、得意の動画を武器に、ライブコマース市場に参入した。地方都市や農村地区を中心に人気の快手は、ライブ動画でも膨大なトラフィックを誇る。

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月7日 ]

ライブコマース市場分析 (3)
中国ライブコマースの主要アプリ
現在、中国のライブコマースのプラットフォームは大きく2つに分類できる。1つはEC(電子商取引)プラットフォームだ。ライブ配信専用の「直播間」と呼ばれるライブルームを開設し、コンテンツ制作者と提携するパターンだ。もう1つはコンテンツ配信プラットフォームだ。外部のECプラットフォームとリンクして、「ライブ+Eコマース」を提供......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月5日 ]

ライブコマース市場分析 (2)
消費促進パワー抜群 EC再成長の新たな起爆剤に
中国調査会社のiiMedia Research(艾媒諮詢)は、2019年の中国ライブコマースの市場規模は、前年(1,330億元)比225%増で4,338億元に達したという。2020年にはさらに倍増を予測しており、中国Eコマース業界発展の新たな原動力になると見ている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年1月4日 ]

ライブコマース市場分析 (1)
スマホ版TV通販「ライブコマース」がECの主役に
ライブコマースの成長性に関心が高まった2019年以降、多くの企業がライブコマースの事業化に乗り出した。淘宝(タオバオ)、京東(JDドットコム)、拼多多(ピンドウドウ)などEC(電子商取引)プラットフォーム大手各社のほか、動画投稿アプリの抖音(ドウイン・TikTok)や快手(クアイショウ)なども続々と参入した......

 

    1 ページ 全 18 ページ (総数: 172)