中国消費洞察オンライン〜中国ビジネスをマーケティング視点から再構築!
中国コンビニ業界調査レポート(4)

デジタル化への投資増 オンライン業務を強化

2022年4月28日更新

ファミリーマートはフードデリバリーの「餓了么」と「美団」に出店
2020年のコンビニ企業の粗利率と純利率はそれぞれ25.8%と2.4%だった。いずれも前年比で増加している。ランキング上位企業は特に好調で、粗利率、純利率はそれぞれ28%と5%。各費用項目のうち、従業員の賃金及び店舗の賃貸料が全体の6割以上を占め、デジタル化関連の投資も4.5%に増加している......
(※全文はログインしてご覧ください)


 会員申し込みのご案内は、下記のリンクをご覧下さい。
 会員登録の詳細はこちら>>

 その他ご質問等がございましたら、弊社までご連絡下さい。
 お問い合わせ先はこちら>>

ファミリーマートの電子会員カード

Copyright (C) CastGlobal Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、
本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

前ページへ戻る

関連している記事

政府もコンビニ業界を支援 サプライチェーンと物流が要に
政府もコンビニ業界を支援 サプライチェーンと物流が要に

2022年05月03日

中国コンビニ業界の今後のトレンドは? デジタル化の推進
中国コンビニ業界の今後のトレンドは? デジタル化の推進

2022年05月03日

中国コンビニ業界の今後のトレンドは?  商品のアップグレード
中国コンビニ業界の今後のトレンドは? 商品のアップグレード

2022年05月03日

中国コンビニ業界の今後のトレンドは? 「下沈」市場の開拓
中国コンビニ業界の今後のトレンドは? 「下沈」市場の開拓

2022年05月02日

中国コンビニ業界の今後のトレンドは? 消費シーンの創出
中国コンビニ業界の今後のトレンドは? 消費シーンの創出

2022年05月02日

小売・流通に関連する記事

中国新消費ブランドはいかにその成長を保っているか?③OEMから自社生産へとサプライチェーンを改革
中国新消費ブランドはいかにその成長を保っているか?③OEMから自社生産へとサプライチェーンを改革

2022年07月04日

中国新消費ブランドはいかにその成長を保っているか?③OEMから自社生産へとサプライチェーンを改革
中国新消費ブランドはいかにその成長を保っているか?②オフライン回帰と「第三空間」を重視
中国新消費ブランドはいかにその成長を保っているか?②オフライン回帰と「第三空間」を重視

2022年07月01日

中国新消費ブランドはいかにその成長を保っているか?②オフライン回帰と「第三空間」を重視
中国の家電販売はネットが50%超に
中国の家電販売はネットが50%超に

2022年06月29日

中国の家電販売はネットが50%超に
もっと見る

新小売に関連する記事

近場化で「社区」型主流に 新小売(OMO)型消費
近場化で「社区」型主流に 新小売(OMO)型消費

2022年04月29日

近場化で「社区」型主流に 新小売(OMO)型消費
弁当など「中食」の売上比率が上昇
弁当など「中食」の売上比率が上昇

2022年04月28日

弁当など「中食」の売上比率が上昇
美宜佳が店舗型でトップを維持 外資系ではローソンがトップに
美宜佳が店舗型でトップを維持 外資系ではローソンがトップに

2022年04月26日

美宜佳が店舗型でトップを維持 外資系ではローソンがトップに
もっと見る
pageTop