中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー



2019/04/10 Vol. 364
【キャスト中国市場インサイトメルマガ 第364号】~中国での自動車購入は4S店がメイン~
中国市場・業界・企業・消費の「いま」を徹底調査&分析
「キャスト中国ビジネス」中国マーケティングEC会員コース
http://www.cast-marketing.com/

===============================
2019年4月10日 毎週水曜日配信・無料
【キャスト中国市場インサイトメルマガ 第364号】
===============================

 こんにちは。キャストの大亀です。

 清明節で土日含め3連休だった先週末、私は四川省・成都を訪れました。成都といえば「火鍋」。中国で2016年にヒットした曲「成都」の歌詞にもある「玉林路」界隈にはたくさんの火鍋店があり、毎日夜遅くまで多くの客で賑わっています。

 成都の火鍋でいつも楽しみなのが「鴨血」です。アヒルの血を水と塩を加えて固めたもので、四川火鍋には欠かせない食材。もちろん、上海でも火鍋店に行けば食べれるのですが、本場とは味が雲泥の差です。

 上海のはいわゆるパックに入った長期保存可能なものですが、成都ではまさにできたての新鮮そのもの。真っ赤に染まった杏仁豆腐のような見た目と柔らかさなのですが、煮詰めると玉子豆腐のようなとろっとした食感に。麻辣(マーラー)のスープが染み入り、何とも言えない味わいです。

 見た目若干グロテスクなのですが、栄養的にも補血や解毒の効果があるとのこと。普段上海などでは口にされない方も、ぜひ一度本場の新鮮な鴨血をご賞味いただければと思います。

 今週のコラムは中国での自動車購入についてです。では、中国市場インサイトメルマガ第364号をお送りいたします。

================================================================

【目次】
 1. コラム「大亀浩介の中国Bizコンサルタントの眼」(第364回)
     ~中国での自動車購入は4S店がメイン~

 2. 新着コンテンツ一覧

 3. お知らせ
     会報誌「チャイナ・マーケット・インサイト」2019年3月号(vol.62)発行
     (詳細)http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Periodical

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
コラム
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「大亀浩介の中国Bizコンサルタントの眼」(第364回)
 ~中国での自動車購入は4S店がメイン~

 中国での自動車の購入は「4S店」と呼ばれるカーディーラーがメインです。4Sの「S」は車両の販売(Sale)、部品(Sparepart)、アフターサービス(Service)、情報フィードバック(Survey)のこと。メーカーからライセンスを授権した正規販売店で、各メーカーのロゴを冠した店舗が各地に点在しています。

 購入時のナンバープレートの手配から保険加入、定期検査、オイル交換、純正部品による故障修理やメンテナンスなど至れり尽くせり。ただ、若干郊外にあり、買い物などの“ついで”に行けないことや、修理・メンテなどが混雑していて待ち時間が長いこと、さらに割高な費用がネックとなっています。

 最近は、自動車売買のスマートフォン(スマホ)アプリも数多く登場。新車だけでなく中古車販売から、下取りをウリにしたもの、買い替えに特化したものまであります。また、ショッピングモールにテナント出店するメーカーや、自動車の展示と販売を専門とするフロアを設けるモールも南京に出現するなど、多種多様化しています。

 車体価格は日本とほぼ同程度。2014年に上海で購入したのはセダン車(排気量2000cc)で約12万元。これにプラスして購置税が約1万元、ナンバープレート(広東省・深セン)が6000元かかりました。当初は4S店のセールスから、外国人なので上海だけでなく、近接の江蘇省や浙江省のナンバープレートも取得できないと言われていました。よって、安徽省のものになると言われたのですが、結局なぜか深センに。これらもすべてディーラー任せでアレンジしてくれます。

 購入してすぐに臨時の上海ナンバーを発行してくれ、数日後には納車されたのですが、その臨時ナンバーの期限は30日のみ。その後2回まで再申請して期間を延長できたのですが、それ以降は当然、正規のナンバープレートがないと運転できません。(※18年3月から期限15日、延長申請は1回までに変更)

 後で知ったのですが、実は上海ナンバーは外国人も取得可能。居住証と社会保険を連続36ヶ月納付していれば要件を満たすのですが、問題は「オークション」で競り落とさないといけない点。これが結局は、上海以外のナンバーに決めた一番の要因なのですが、果たしてその訳(わけ)とは……。(次回に続く) 

文責:コンサルタント 大亀浩介

バックナンバー一覧はこちら >> http://www.cast-marketing.com/okamekosuke/

★Facebookのアカウントをお持ちでしたら、ぜひ「いいね!」をお願いします
================================================================
キャスト中国マーケティング・ECサイトの公式Facebookページ
■□■大亀浩介の『チャイナ・マーケット・インサイト』■□■
http://www.facebook.com/chinamarketinsight/
<<中国各地の素顔を、写真とミニレポートでリアルタイムにお伝えします>>
================================================================

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
新着コンテンツ一覧
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※下記コンテンツの全文を閲覧するには「中国マーケティングEC会員」のログインIDとパスワードが必要です(一部お試し閲覧除外記事あり)。「フル/法令/Q&A会員」のログインIDとパスワードではログインできません。(お試しID発行 >> http://www.cast-marketing.com/trial/)

◆「双11」から読み解く中国消費の変化とトレンド (4)
 ~越境EC人気トップは日本 若いユーザーが半数超え

 アリババ傘下の越境ECプラットフォーム「天猫国際」が公表したデータによると、2018年の「双11」セール期間中、天猫国際では、75の国と地域から1万9千を超えるブランドの商品を販売。11月11日当日の保税注文票は期間全体の8割を占め、また、上海税関と福州税関が全体の9割以上を占めたという。商品の輸入元では日本、アメリカ、韓国、オーストラリア、ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、ニュージーランド、イタリアが多かった......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2674

◆「双11」から読み解く中国消費の変化とトレンド (3)
 ~高級輸入コスメの人気沸騰 国産家電ブランドが大躍進

 コスメ製品では、売上のトップ5を全て海外ブランドが占めたこと。ランコム、エスティローダー、SK-IIはどれも高級ブランド。昨年1位と2位を占めた国産ブランド「百雀羚(PEICHOIN)」と「自然堂(CHANDO)」はそれぞれ6位と7位に順位を下げた。国産ブランドが伸び悩み、国際ブランドの人気の高さが際立った......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2673

◆「双11」から読み解く中国消費の変化とトレンド (2)
 ~天猫が圧倒的首位をキープ 驚異的な成長を示した拼多多

 「双11」セール当日の売上シェアを見ると、天猫が全体の67.9%で圧倒的な首位に立っている。京東は「双11」の活動期間が11日と長かったこともあり、初日の売上はやや伸び悩み、全体の17.3%に止まった。 蘇寧はオンラインとオフライン双方のチャネルで成績を伸ばし、4.7%で3位となった。注目すべきは格安品のグループ購入で今年7月に米ナスダックで上場したソーシャルECの「拼多多(ピンドウドウ)」だ......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2672

◆「双11」から読み解く中国消費の変化とトレンド (1)
 ~10年目を迎えたアリババ「双11」セール

 中国EC最大手、アリババ傘下の天猫(Tモール)は、17年の売上1682億元を更に大幅に更新。2018年11月11日当日の取引額は2135億元を記録した。業界2位の京東(JDドットコム)は、11月1日から11日までの11日間で累計1598億元を売上、こちらも記録を塗り替えた。家電量販最大手の蘇寧易購(スニン)は、わずか97分で2017年1日分の売上を達成......

(全文はこちら) ※『中国マーケティング・EC会員』IDにてログインの上ご覧ください。
http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Marketing&Cmd=DataList&Action=Detail&MRid=2671

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
お知らせ
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

1)会報誌「チャイナ・マーケット・インサイト」2019年3月号(vol.62)発行

 会報誌2019年3月号(vol.62)では、巻頭特集に「ポップアップストア」を取り上げました。街中に突然店舗が出現し、沢山の人で賑わっていたのが、しばらくして通りかかると、何もなくなっている光景を目にしたことがあるでしょう。

 ポップアップストア(中国語名:快閃店)とは、賑やかな商業エリアやモールなどの商業施設で、不定期かつ短期間に運営するお店のこと。中国語の如く、最大の特徴は「快(スピード)」にあります。

 運営期間の短さは、消費者の「タイミングを逸したら行けない」という心理を煽る効果もあります。またオリジナリティ溢れるデザインや体験(コト)型の店構えが多くの消費者を誘い込み、効率良くマーケティングやブランディングが行えることでも注目されています。

 ポップアップストアの起源は、イギリスのロンドン。2012年頃から中国でも見かけるようになりました。当初はオープンしたてのブランドショップやマイナーなアパレルブランドが、通りすがりの客の注目を集めるために運営するケースがほとんどでした。

 それが16年頃から、人気が一気に高まります。採用する業界も高級ブランド品からアパレル、コスメ、日用品、デジタル製品、ネット系へと拡大していき、一種のトレンドになっています。

 短期運営の“即席”の簡易店舗で注目され、スマートフォン(スマホ)のSNS(ソーシャルサイト)を通じてウイルス的に拡散される新しいマーケティング手法のポップアップストア。テレビやネットでの広告コストが高騰する中、家賃等のコストの低さと注目度の高さから、特に若年消費者層の獲得を目指す企業にとって、格好のマーケティングツールとなりました。

 商業用不動産コンサル大手のRET(睿意徳商業地産研究中心)は、中国でのポップアップストア数が18年に約1000件、20年には3000件を超えると見込んでいます。最近では中国EC(電子商取引)大手の天猫(Tモール)や京東(JDドットコム)、さらにはショート動画アプリの「抖音(TikTok)」も参入するなど、ネット系のリアル展開にも活用されています。

 そこで、中国でのポップアップストアの実態について、主な形態から中国で人気となった理由、商業施設側の思惑、ダイソン、シャネル、喪茶、Q&Aアプリ知乎「不知道診所」などの成功例を紹介。また「新小売」型でECとも連動する天猫快閃店、「ボーダーレス小売」を実践する京東Joy Space快閃店、ポップアップストア用のスペースをシェア(賃貸)する閃殿Popup Unionなど。

 さらにはネット上でポップアップストアを展開する天猫Luxury Pavilion、抖音が参入した小米(シャオミ)との新スマホ発表イベントなど、リアル回帰の起爆剤となりうる中国マーケティング新潮流のポップアップストアについて、詳しく解説しています。

 次にトレンドウォッチとして、「2019年中国消費トレンド動向10選」を編纂しました。18年の中国GDPに対する貢献度が76.2%に達し、経済発展の主要な牽引役となった「消費」。スマホ普及に伴い、消費者の情報収集力はますます高まり、消費構造も急激に変化しています。

 消費傾向が住まいや健康、カルチャー、エンタメ、旅行、教育、情報などのジャンルにより重きを置くようになっている中国消費者。モノへのニーズが充足し、生活や精神的なクオリティをより重視し、趣味に投資する人も増えています。

 所得の上昇に伴い、人々のライフスタイルも変化しつつあります。価格への敏感度は低減。一方で商品やサービスの質、安全性、機能性へのニーズが高まっています。ブランドや商品を選ぶ際にも、環境保護やクオリティ、健康などの要素を考慮する人が増えています。

 ITやネットの技術革新(イノベーション)が進み、モバイル決済(キャッシュレス)、無人店舗、スマートホーム、ネット出前アプリなどが日常生活に深く浸透。人工知能(AI)やビッグデータの発展に伴い、オンラインとオフラインを融合した「新小売(ニューリテール)」も、もはや“当たり前”の消費形態になっています。

 このような状況を背景に、2019年に注目を集めそうな消費トレンドとは?自分回帰、精鋭主義、癒やし経済、ささやかながら快適な我が家、国産ブーム、軽食主義、オンライン・オフライン活用ライフ、種まき消費、トレンド+ハイエンド主義、良質な地方特産品という10のキーワードをもとに説明しています。

 業界研究では、中国コスメ業界を取り上げました。監査法人のPwCが公表したデータによると、2012年から17年の6年間における世界のコスメ市場の年平均成長率3.9%に対して、中国はこれを大幅に上回ったもよう。またユーロモニターの統計では、13年から17年の中国コスメ業界の年平均成長率は10.6%に達したとしています。

 大手コスメブランドの財務データでも、中国市場の成長が他国を大きく上回っていることがわかります。資生堂の中国市場での業績は18年に前年比32.3%増で、売上は1908億円に達したもよう。ロレアルも中国市場の売上が世界全体を大きく上回り、33%成長。傘下のランコム、ヘレナルビンスタイン、ロレアル・メンにとっても、中国が最大の市場になっているようです。

 こうした中国コスメ市場の成長を支える“屋台骨”の役割を担っているのが、中国EC最大手の天猫(Tモール)です。18年のコスメ市場全体の約30%がオンラインでの売上とされている中、コスメ商品の売上に絶対的な影響力を及ぼす存在になっています。例えば、P&Gの天猫での売上は、ここ10年で1000倍にまで成長したとのこと。

 アリババが公表したデータによると、2008年から現在までの約10年間に天猫でコスメ商品を購入した人の数は累計で3億人超。18年の天猫でのコスメ商品の売上は前年比60%増。エスティローダー、ランコム、オレイ(Olay)、ロレアル、SK-Ⅱなど大手は、いずれも年間売上10億元を突破。11月11日(独身の日)の「双11」セールでは、多くのコスメブランドが1日で売上1億元を達成しています。

 これまでコスメよりはスキンケアが主流とされてきた中国で、どんな変化が生まれているのか。驚異的な販売量を背景に続々と大手各社が出店する天猫を中心に、ハイエンド化と低年齢化、さらには新たな“ブルーオーション”として注目されるメンズ(男性向け)コスメなど、中国コスメ業界の現状について調査・分析しています。

 そのほか、以下のとおり、中国マーケティングやECに関する情報が盛りだくさんです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』 
2019年3月号(vol.62)  もくじ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【巻頭特集】
『中国リアル消費の新潮流「ポップアップストア」』
 高級ブランドからEC大手も積極活用

【トレンドウォッチ】
『2019年中国消費トレンド動向10選』
 内的満足の追求がますます顕著に

【業界研究】中国コスメ市場
『天猫中心に急成長、中国コスメ市場』
 若年・高級・オンライン化が進む

【都市別調査】
下剋上の方程式②
『考拉=自前+現地主義 OPPO=地方+リアル』

※詳細はこちら:http://www.cast-marketing.com/index.php?Mod=Periodical

────────────────────────────
【中国マーケティング・EC会員コース クイックリンク】
────────────────────────────
■サービス詳細 >> http://www.cast-marketing.com/service/
■お試しID発行 >> http://www.cast-marketing.com/trial/
■お問い合わせ >> http://www.cast-marketing.com/inquiry/