中国消費洞察オンライン〜中国ビジネスをマーケティング視点から再構築!
中国「低空経済」分析レポート(2)

拡大する「低空経済+α」の応用シーン

2024年7月9日更新

深圳の「空中的士」(空中タクシー)
中国でいう低空経済の低空領域とは、前述のとおり、主に高度3,000メートル以下の非管制空域を指す。具体的にはヘリコプター、eVTOL(Electric Vertical Take Off and Landing aircraft 電動垂直離着陸機:垂直に離着陸するドローンや“空飛ぶクルマ”など電動の機体で、「イーブイトール」と読む)、消費及び産業用ドローンなどによる活動が含まれる......
(※全文はログインしてご覧ください)


 会員申し込みのご案内は、下記のリンクをご覧下さい。
 会員登録の詳細はこちら>>

 その他ご質問等がございましたら、弊社までご連絡下さい。
 お問い合わせ先はこちら>>

宅配大手の順豊(SFエクスプレス)もドローン配送に乗り出す

低空経済+旅行は人気の応用シーン

Copyright (C) CastGlobal Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、
本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

前ページへ戻る

関連している記事

ドローン配送がデリバリーを変える? 世界に先駆けて“離陸”する「低空経済」
ドローン配送がデリバリーを変える? 世界に先駆けて“離陸”する「低空経済」

2024年07月09日

製造業に関連する記事

民間ドローンのトップメーカー「DJI」
民間ドローンのトップメーカー「DJI」

2024年06月26日

民間ドローンのトップメーカー「DJI」
敢闘賞 双循環:米中デカップリングを懸念 国内消費主導型の経済に
敢闘賞 双循環:米中デカップリングを懸念 国内消費主導型の経済に

2021年02月18日

敢闘賞 双循環:米中デカップリングを懸念 国内消費主導型の経済に
もっと見る

政策に関連する記事

民間ドローンのトップメーカー「DJI」
民間ドローンのトップメーカー「DJI」

2024年06月26日

民間ドローンのトップメーカー「DJI」
2024年に中国で最もホットな「低空経済」とは?
2024年に中国で最もホットな「低空経済」とは?

2024年06月19日

2024年に中国で最もホットな「低空経済」とは?
【統計データ】2023年中国居住者の1人当たり年間消費支出の内訳
【統計データ】2023年中国居住者の1人当たり年間消費支出の内訳

2024年05月14日

【統計データ】2023年中国居住者の1人当たり年間消費支出の内訳
もっと見る
pageTop