中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー



現地企業インタビュー [ 2017年10月19日 ]

広東省消費現場視察レポート (12)
【佛山】大型商業コンプレックスが次々と誕生、広佛RMDを形成する「桂城/千灯湖商圈」(1)
桂城/千灯湖エリアは佛山南海区に位置し、2007年に広東金融高新区が完成したのを契機に急速な発展を開始した。交通とハードの両面で大きな強みを持ち、広佛RBD(レクレーション・ビジネス地区)という位置づけの桂城は、08年より高級商業・居住プロジェクトとして計画が進められている広佛同城化の重要発展地区だ......

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年10月18日 ]

見よう見まねから本格派へ移行中
杭州・濱江区で感じる日本食の浸透
浙江省・杭州の濱江区。世界遺産で中国内でも有数の景勝地である「西湖」を望む中心区とは、銭塘江を隔てて南側に広がる新興開発都市です。潮の関係で河が逆流する「海嘯(かいしょう)」という特異な現象が発生することで古くから有名でしたが、16年9月のG20サミットの会場として選ばれ、ここ数年で一気に都市化が進行。今では、高層ビルやマンションが立ち並ぶ現代的な都市に様変わりしています......

 

中国都市別市場レポート [ 2017年10月17日 ]

広東省消費現場視察レポート (11)
【佛山】広州との一体化を進めながら、独自の消費市場を形成
今後、祖廟商圈には、「正佳YOUNG」(2017年下半期)、「国瑞升平」(2018~2019年)等、更に多くの商業プロジェクトが開業予定だ。大手不動産ディベロッパー万科、保利、竜光、世茂等のプロジェクトも続々準備中であり、今後の発展には想像を絶するものがある......

 

中国都市別市場レポート [ 2017年10月16日 ]

広東省消費現場視察レポート (10)
「嶺南天地」が活性化した「祖廟商圈」
禅城区にある祖廟商圈は佛山で最も歴史が古く、成熟した商圈だ。嶺南天地は上海の「新天地」を作った瑞安集団が運営を担当。佛山祖廟付近の歴史的建築を生かし、飲食店やお洒落なショップを融合させた商業エリアだ。コンセプトは上海新天地とほぼ同じだが、嶺南天地では嶺南建築の特色を生かし、文化保護指定されている22棟の歴史建造物を上手く利用しているのが特徴だ......

 

中国都市別市場レポート [ 2017年10月13日 ]

広東省消費現場視察レポート (9)
【佛山】広州と深圳に次ぐ広東省第3の経済都市
佛山は、広東省で広州と深圳に次ぐ第三の都市。2016年のGDPは8,630億元で、全国でも第15位に位置する。工業の街であり、工業がGDPの60%近くを占める。国内でも有数の製造業基地で、工業生産値は、上海、蘇州、天津、深圳に次いで全国第五位。支柱産業は設備業で、16年の生産高は6,628.79億元に達しており、2020年には1兆元に達する見込みだ......