中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2016年11月30日 ]

【第247回】 内陸部の中でも経済発展は出遅れ気味
歴史ある江西省の南昌
江西省の省都・南昌。江西省、南昌と言ってもなじみのない日本の方々は多いのではないでしょうか。同省は、北から時計回りに、安徽、浙江、福建、広東、湖南、湖北の各省にぐるっと囲まれた場所にあり、内陸部の中でも比較的沿岸部に近い省です。にもかかわらず、経済発展は沿岸部は言うまでもなく、内陸部の中でも比較的後塵を拝するグループに属しています。……

 

トレンドウオッチ [ 2016年12月1日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (1)
中国の食卓やランチタイムをガラッと変える“外売(出前)”
2014年にO2O領域を盛り上げたのがタクシーやハイヤー等の配車アプリだとすると、2015年はこの出前アプリが活躍している。わずか数年前までは、デリバリーといえば、各店に電話をかけて注文するのが当たり前だった。専門のデリバリー業務を行っているのはマクドナルド、ケンタッキー・フライドチキン、ピザハット等の洋食系ファーストフードチェーンのみ。その他のレストランでのデリバリーといえば、従業員自らが運んでくるのがせいぜいだった。それが今ではアプリを利用して多くのお店に注文できるようになり、高級レストランから軽食まで、自宅やオフィスで座って待っているだけで手元まで運ばれてくるのだ......

 


トレンドウオッチ [ 2016年12月6日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (4)
出前アプリユーザーの特性は?
出前アプリの主要なユーザー層はホワイトカラー、学生、そして単身居住者で、35歳以下の若年層が多いのも特徴だ。ホワイトカラーは食事の質を重視する傾向がより高く、価格に対する敏感度はそれほど高くない。客単価も通常80元を超える。学生が重視するのはコストパフォーマンスで、客単価も低く、10~30元が多い。単身居住者のニーズはホワイトカラーに類似しているが、利用頻度はやや低い......

 

トレンドウオッチ [ 2016年12月5日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (3)
出前アプリ市場の主要プレイヤーとシェア
現在の出前アプリは4つに分類できる。1つは第三者運営の大型出前プラットフォーム。レストランがアプリに加盟してメニューを提供する仕組みだ。代表的なのは上述の百度外売、美団外売外売、餓了么の3強。大手ネット企業グループの資金力を活用して瞬く間に市場シェアを拡大。その便利さとタイムリーな配達サービスにより、多くのユーザーがモバイル出前アプリを利用するきっかけとなった......

 

トレンドウオッチ [ 2016年12月2日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (2)
フードデリバリーの市場規模と動向
中国ネットリサーチ最大手の「艾瑞(iResearch)」のデータによると、2015年の中国フードデリバリー市場の規模は2,300億元を超え、外食消費全体に占める割合も7.4%に達した。18年には消費が6,600億元に達し、外食消費の14.8%を占めると見込まれている。所得の伸びや、生活の多忙化、政府の内需拡大政策等により、外食やデリバリーは中国の飲食消費習慣の主流となりつつある。市場の取引規模も高い伸びを保っている......

 

トレンドウオッチ [ 2016年12月1日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (1)
中国の食卓やランチタイムをガラッと変える“外売(出前)”
2014年にO2O領域を盛り上げたのがタクシーやハイヤー等の配車アプリだとすると、2015年はこの出前アプリが活躍している。わずか数年前までは、デリバリーといえば、各店に電話をかけて注文するのが当たり前だった。専門のデリバリー業務を行っているのはマクドナルド、ケンタッキー・フライドチキン、ピザハット等の洋食系ファーストフードチェーンのみ。その他のレストランでのデリバリーといえば、従業員自らが運んでくるのがせいぜいだった。それが今ではアプリを利用して多くのお店に注文できるようになり、高級レストランから軽食まで、自宅やオフィスで座って待っているだけで手元まで運ばれてくるのだ......

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2016年11月30日 ]

【第247回】 内陸部の中でも経済発展は出遅れ気味
歴史ある江西省の南昌
江西省の省都・南昌。江西省、南昌と言ってもなじみのない日本の方々は多いのではないでしょうか。同省は、北から時計回りに、安徽、浙江、福建、広東、湖南、湖北の各省にぐるっと囲まれた場所にあり、内陸部の中でも比較的沿岸部に近い省です。にもかかわらず、経済発展は沿岸部は言うまでもなく、内陸部の中でも比較的後塵を拝するグループに属しています。……