中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年2月22日 ]

【第258回】 中国の自動車業界で強みを発揮
存在感際立つ日産シルフィ
中国各地でレンタカーを利用していますが、どの都市でも欧米系や国産車が多く、日系はなかなかお目にかかれません。VWのラビダやGMのエクセルなどを選ぶのですが、いずれも運転しながらハンドルや加速具合など“重さ”を感じていました。そうしたなか、日産シルフィに乗車する機会があったのですが、その軽いハンドルの操作性やアクセルを踏んだ後の加速感など、「スポーツカー?」と思わせるような“軽い”乗り心地。さらには圧倒的な燃費の良さに、改めて日本車の良さを実感するとともに、シルフィが売れている理由がわかりました。……

 

トレンドウオッチ [ 2017年2月20日 ]

2016年中国消費トレンド番付 (3)
小結にはシェアビジネスの代表格が、前頭には「コト」消費がオンパレードに
小結は東がシェア自転車の「mobike(摩拝単車)」、西は「配車アプリ」とした。16年の春頃から上海の街角に突如として現れたオレンジ色のマウンテンバイク。夏頃には至るところで目撃するようになり、秋には週末の余暇(レジャー)としてサイクリングに利用している姿も目立つようになった。mobikeはスマホを介して附近の空き自転車を探し、自転車に搭載されたQRコードを読み込んで解錠するというシステム......

 


トレンドウオッチ [ 2017年2月28日 ]

中国医療環境の現状から考える「健康関連産業」の発展潜在力とチャンス (1)
高まる健康意識が中国人のライフスタイルと消費習慣を変える
 健康管理への意識も高まり、スマートテクノロジーを利用した健康や体重の管理が注目を浴びている。市場調査大手の英系ミンテル(Mintel)社の「2016年中国消費者動向」によると、現在、スマホやタブレットを使って運動量の管理をしている消費者の割合は30%、今後ウェアラブル機器を使用した健康管理に興味を持っている人は74%にも達している......

 

トレンドウオッチ [ 2017年2月27日 ]

2016年中国消費トレンド番付 (7)
敢闘賞はマラソン、技能賞は「二人っ子政策」
敢闘賞はマラソン。ブーム自体は15年が一番の盛り上がりを見せたが、その勢いのまま16年もマラソン愛好の波が続いた。 中国各地で開催されるマラソン大会数も“うなぎのぼり”で、11年の22回から、14年には53回、15年には134回と増え、16年には200回超と言われている。20年には500回に達するとも見込まれており、今後も当面はマラソン熱が冷めることはなさそうだ......

 

トレンドウオッチ [ 2017年2月24日 ]

2016年中国消費トレンド番付 (6)
食品飲料業界にも続々と新しい風が
前頭最後のトピックとして、東に「NFC(非濃縮還元)果汁」、西に「第三波珈琲(サードウェーブコーヒー)」をピックアップした。16年に入り、高級スーパーやコンビニの冷蔵棚で大きなスペースを占めるようになったNFC果汁。 オレンジやアップルなどの定番だけでなく、ピーチやグレープ、グアバなどのほか、野菜や数種のフルーツをミックスした商品まで登場......

 

トレンドウオッチ [ 2017年2月23日 ]

2016年中国消費トレンド番付 (5)
リアル店舗にも「コト」要素が必須に
「コト」消費の新しい形態として家電やIT製品の「体験店」も16年に顕著になったトピックだろう。中国の経済発展に伴い、蘇寧や国美など中国一、二を争う小売りチェーン企業に成長した家電量販店。販売スペースに商品を展示しておけば客が集まり売れた時代はもう“過去”の話。ネット通販の隆盛にもおされ、家電量販店の苦戦は続く。一方、テレビや冷蔵庫、エアコンなど大型家電については、ネットのみの情報で購入の判断を下す消費者はまだ少数派、アフターサービスなどの問題もあり、多くは依然リアル店舗に出向いて実物を確認する......

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年2月22日 ]

【第258回】 中国の自動車業界で強みを発揮
存在感際立つ日産シルフィ
中国各地でレンタカーを利用していますが、どの都市でも欧米系や国産車が多く、日系はなかなかお目にかかれません。VWのラビダやGMのエクセルなどを選ぶのですが、いずれも運転しながらハンドルや加速具合など“重さ”を感じていました。そうしたなか、日産シルフィに乗車する機会があったのですが、その軽いハンドルの操作性やアクセルを踏んだ後の加速感など、「スポーツカー?」と思わせるような“軽い”乗り心地。さらには圧倒的な燃費の良さに、改めて日本車の良さを実感するとともに、シルフィが売れている理由がわかりました。……