中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 キャスト早わかり
 大亀浩介コンサルタントインタビュー



大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2016年8月31日 ]

【第234回】 名物の羊肉にもトライ!
小旅行で訪れたい上海郊外の七宝
先週末に上海の七宝老街に行きました。七宝は市中心部(人民広場)から西へ約17kmのところにある郊外の閔行区内の町。宋朝時代の面影を残す古い水郷の街並みで有名な観光スポットです。地名の由来は、名の通り、仏像や鐘、経本など仏教にまつわる7つの宝から名づけられたようです。そのうち、七宝老街の鐘楼堂に吊るされた梵鐘が有名でこのような伝説が言い伝えられています。……

 

中国・街角ウォッチ [ 2016年8月30日 ]

街角で出くわした面白発見&驚き
不二家が中国人気番組の冠スポンサーに!!
これまで中国で100を超える都市を視察しているが、どの都市のスーパーに行っても必ず目にする日本ブランドの一つ、不二家。お馴染みの「ペコちゃん」と「ポコちゃん」のパッケージを見るたびに「こんな辺鄙なところにまで!」と同社の企業努力に感服する。最近では、中国で一、二を争うほどの人気を誇るテレビ番組「奔跑吧兄弟」のネット動画版「中国藍TV」で冠スポンサーになった...。

 

中国・街角ウォッチ [ 2016年8月29日 ]

街角で出くわした面白発見&驚き
粽子(ちまき)にもディズニー効果か??
旧暦の5月5日は「端午節」。今年は6月9日で、中国の国民休日の一つ。端午節の定番といえば、ドラゴンボートレースとともに「粽子(ちまき)」を食べることだ。中国で最も有名なちまきブランドは浙江省の嘉興を拠点とする「五芳齋」。その五芳齋が、端午節を目の前にした上海のデパ地下スーパーで特設販売されていたのだが、何とイメージキャラクターにミッキーとミニーが…。

 

トレンドウオッチ [ 2016年8月26日 ]

近所の「体験館」が次の小売現場の新トレンド(7)
「体験型マーケティング」はO2Oの主要テーマ
今後数年間、ネット商店の勢いは変わらず継続することが予想される。しかし純粋にオンラインのみで展開するマーケティングの弱点は益々明確になっていくだろう。ネット上では製品を理解する際、画像と解説、動画に頼るしかなく、実際の体験とは程遠い。オフラインの体験型施設はこの「体験」部分を補い、製品と消費者の距離を狭める格好のシステムだ......

 

日経MJ(流通新聞) [ 2016年8月26日 ]

中国&アジア商売見聞録
スマホ決済が当たり前に(2016年8月26日掲載)
第85回は「スマホ決済が当たり前に」(2016年8月26日付)。15年のモバイル決済取引額は9兆3千億元(約140兆円)に達した中国。現金やクレジットカードを持たずに外出しても大丈夫と言っても過言ではないほどだ。これまでネット通販や公共料金などの支払いがメインだったオンライン決済は、スマホ普及とともに利用範囲が実店舗にまで広がっている。この流れをけん引するのがアリババ系「支付宝(アリペイ)」とテンセント系「微信支付」の2強だ。アプリ別シェアは、支付宝が72.9%、微信支付が17.4%。両社で9割以上を占める。中国で一気に普及が進むスマホ決済が人々の生活をどのように変えているのか…。