中国消費洞察オンライン〜中国ビジネスをマーケティング視点から再構築!
【第531回】 米スターバックスが中国コーヒー文化普及の立役者

日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み

2022年8月3日更新

ファミリーマートは自社ブランドのコーヒーを導入
 中国では伝統的にお茶を飲む文化と習慣があるので、コーヒーは広がらないよ…と言われていたのは今昔。今や上海や北京などの大都市だけでなく、地方都市でも繁華街にあるモールには、スターバックスやコスタなど欧米のチェーン店が出店しているのが当たり前の光景です。

 中国のコーヒー市場は、1989年にネスレが中国で初めて発売したインスタントコーヒーからスタートします。流通しやすく、かつお湯を注ぐだけで簡単に作れるインスタントコーヒーが、中国人にとって新しい体験となりました。ここでいうインスタントコーヒーとは「三合一」(3 in 1)と呼ばれる、コーヒーと砂糖とミルクの粉が一緒にパッケージされたものが主流でした。

 1990年代には、台湾系の「上島咖啡」(UBCコーヒー)や「真鍋咖啡」などサンドイッチや中華の定食も提供する“喫茶店”的なカフェが登場。その後、米系スターバックスが1999年に北京で第一号店をオープンし、大都市を中心に店舗網を拡げていく中、英系コスタコーヒーや香港系パシフィックコーヒー(太平洋珈琲)も参入。2014年頃には、Caffe Bene、Zoo、MAAN Coffeeなど韓国系カフェブームもあり、コーヒーを飲みながら、中国で「第三空間」と呼ばれるサードプレイスで時間を過ごすのが、一つのライフスタイルになりました。

 2016年頃からはスマホ決済の普及に伴い、フードデリバリー市場が急拡大します。中国で「新小売」と呼ばれるOMO(Online Merge Offline)、つまりスマホでオーダーしてデリバリーしてもらうという新たなライフスタイルが浸透しはじめます。この「新小売」の概念を取り入れて、一気に店舗網を広げたのがラッキンコーヒー(瑞幸咖啡)です。

 コーヒーのデリバリー市場が急成長する中、スターバックスもデリバリーサービスに参入するなど、中国で「快珈琲」と称されるファストコーヒーの競争が激化しました。オフィスでも手軽にオーダーできるデリバリーコーヒーで、コーヒーの味に慣れ親しんできた中国の人々は、徐々にコーヒーの“美味しさ”に目覚めます。厳選されたコーヒー豆の産地や品種、原産地から、豆本来の風味を生かす焙煎方法などにもこだわるようになり、ハンドドリップの人気が高まりました。

 中国で「精品珈琲」と称されるスペシャルティコーヒー時代の到来です。マナーコーヒー(Manner Coffee)やシーソーコーヒー(Seesaw Coffee)、Mスタンド(M Stand)、%アラビカなど新興のカフェチェーン店が相次いで登場しました。中国で「慢珈琲」と呼ばれる、こうしたスローコーヒーは、コーヒーのクオリティだけでなく、店内の内装や環境も重視し、価格も高めながら、多くの客で賑わっています。

 ファストコーヒーの代表でもあるコンビニコーヒーも定着しています。中国で店舗展開する日系のファミリーマート、ローソン、セブンイレブンはいずれも2011~2013年頃に相次いで自社ブランドのコーヒーを導入しています。

 利便性の高さと低価格を理由に、コンビニのコーヒーを選んでいると回答した人が60%に達した調査結果もあります。残りの40%は、コーヒーの味が好みでないことや、種類が限られることなどを理由にコンビニでコーヒーを買わないと答えたようですが、今後コンビニでコーヒーを買う機会を増やすと回答した人も35%いたようで、コスパを重視する若い人たちを中心に、今後もコンビニコーヒーのさらなる成長が見込めそうです。
A4サイズで印刷

Copyright (C) CastGlobal Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、
本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

前ページへ戻る

その他メルマガコラム記事

下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに
下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに

2022年09月28日

下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに
「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?
「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?

2022年09月21日

「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?
下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?
下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?

2022年09月14日

下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?
「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?
「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?

2022年09月07日

「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?
市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中
市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中

2022年08月31日

市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中
下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化
下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化

2022年08月24日

下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化
新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?
新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?

2022年08月17日

新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?
中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」
中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」

2022年08月10日

中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」
日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み
日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み

2022年08月03日

日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み
ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引
ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引

2022年07月27日

ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引
若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を
若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を

2022年07月20日

若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を
電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」
電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」

2022年07月13日

電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」
便利で高機能の生活家電が想像以上に浸透?
便利で高機能の生活家電が想像以上に浸透?

2022年07月06日

便利で高機能の生活家電が想像以上に浸透?
中国の家電販売はネットが50%超に
中国の家電販売はネットが50%超に

2022年06月29日

中国の家電販売はネットが50%超に
無糖炭酸水「元気森林」は日系ブランド?
無糖炭酸水「元気森林」は日系ブランド?

2022年06月22日

無糖炭酸水「元気森林」は日系ブランド?
無糖フレーバー炭酸水トップブランド「元気森林」
無糖フレーバー炭酸水トップブランド「元気森林」

2022年06月15日

無糖フレーバー炭酸水トップブランド「元気森林」
若いZ世代が支持するセレクトショップに勢い
若いZ世代が支持するセレクトショップに勢い

2022年06月08日

若いZ世代が支持するセレクトショップに勢い
中国でイヌとネコ、どちらが多い?
中国でイヌとネコ、どちらが多い?

2022年06月01日

中国でイヌとネコ、どちらが多い?
フリーサイズブラ市場が2020年に急成長
フリーサイズブラ市場が2020年に急成長

2022年05月25日

フリーサイズブラ市場が2020年に急成長
旅行やグルメにも強い「小紅書」(RED)
旅行やグルメにも強い「小紅書」(RED)

2022年05月18日

旅行やグルメにも強い「小紅書」(RED)
もっと見る

飲食に関連する記事

bilibiliマーケティング成功ケーススタディ ②	茶飲料「蜜雪冰城」
bilibiliマーケティング成功ケーススタディ ② 茶飲料「蜜雪冰城」

2022年08月02日

bilibiliマーケティング成功ケーススタディ ② 茶飲料「蜜雪冰城」
新興カフェチェーン「Manner Coffee」に勢い
新興カフェチェーン「Manner Coffee」に勢い

2022年05月11日

新興カフェチェーン「Manner Coffee」に勢い
【大関】若者向けドリンクが味も見た目もアップグレード! <西>精品珈琲(プレミアムコーヒー)
【大関】若者向けドリンクが味も見た目もアップグレード! <西>精品珈琲(プレミアムコーヒー)

2022年01月21日

【大関】若者向けドリンクが味も見た目もアップグレード! <西>精品珈琲(プレミアムコーヒー)
もっと見る

消費トレンドに関連する記事

後浪ブランドの得意領域とは? スナック、コスメ、ペットなど
後浪ブランドの得意領域とは? スナック、コスメ、ペットなど

2022年09月26日

後浪ブランドの得意領域とは? スナック、コスメ、ペットなど
中国「新消費」下で「後浪」と「前浪」の新旧ブランドがバトル  「後浪」=若い世代 後浪ブランド、新勢力として台頭
中国「新消費」下で「後浪」と「前浪」の新旧ブランドがバトル 「後浪」=若い世代 後浪ブランド、新勢力として台頭

2022年09月26日

中国「新消費」下で「後浪」と「前浪」の新旧ブランドがバトル 「後浪」=若い世代 後浪ブランド、新勢力として台頭
消費産業全体にデジタル化浸透 新しい販売手法が続々登場
消費産業全体にデジタル化浸透 新しい販売手法が続々登場

2022年09月23日

消費産業全体にデジタル化浸透 新しい販売手法が続々登場
もっと見る
pageTop