中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー
現地視察レポート

現地視察レポート [ 2019年8月6日 ]

“意外”な発展ぶりのウルムチ消費現場 (14)
一带一路の中継都市として 一挙通関で港から直接海外へ
ウルムチは中国の一帯一路政策のシルクロード経済ベルトの中心都市 であり、西側諸国への窓口、交通や物流のハブの役割も果たしている。物流や貨物中継を促進すべく、ウルムチは経済技術開発区に国際陸港区を設置。区内は火車(汽車)西駅、火車(汽車)北駅、ウルムチ鉄路コンテナ中心駅、国際空港で構成される......

 

現地視察レポート [ 2019年8月5日 ]

“意外”な発展ぶりのウルムチ消費現場 (13)
インスタ映えスポット続出 自撮りやティックトックも人気
ウルムチは冬が厳しく長い。春が短いせいか、ショッピングモールやレストランは華やかな内装で消費者の気分を盛り上げようとする傾向がある。 インスタ映えが狙える内装の店も多かった。ウルムチの市民はとりわけセルフィー(自撮り)が好きらしい。若者だけでなく、年かさのいった大人のカップルも熱心にセルフィーにいそしんでいる......

 

現地視察レポート [ 2019年8月2日 ]

“意外”な発展ぶりのウルムチ消費現場 (12)
大盛況の飲食業界 日本食や文化も人気に
ウルムチと言えば羊肉の串焼きなど、現地の定番グルメが思い浮かぶが、四川や広東など中国各地の料理が揃い踏み。そのほかにも、日本料理、韓国料理、ベトナム料理、西洋料理など豊富な選択肢から選べるようになっている。日本料理はどの商業施設にも1~2店あり、寿司と焼肉の店が多い。 店内には桜や暖簾、提灯、だるまなどが飾られ、日本の雰囲気を醸し出している......

 

現地視察レポート [ 2019年8月1日 ]

“意外”な発展ぶりのウルムチ消費現場 (11)
“意外”に高い消費レベル スマホ決済も当たり前に
スーパーで販売されている生鮮食品を見ると、ウルムチ市民の消費レベルの高さが伺い知れる。友好超市と匯嘉時代超市では、輸入のフルーツや有機野菜も販売されている。売れ行きも決して悪くないようだ。内陸の奥地に位置しているにもかかわらず、エビやカニなどの海産物も豊富にあり、鮮度も悪くない......

 

現地視察レポート [ 2019年7月30日 ]

“意外”な発展ぶりのウルムチ消費現場 (10)
500店超のコンビニ網 大手2社がしのぎを削る
ウルムチ市内にはセブンイレブン、ファミリーマートなどの大手コンビニチェーンは存在しないが、街の至るところに24時間営業のコンビニがある。その密集度は沿海の二線級都市にも引けを取らない。ウルムチ市商務局(糧食局)のデータによれば、2017年末時点におけるウルムチ市内のコンビニエンスストアの数は500店以上 に上っているという......