中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

トレンドウオッチ [ 2021年10月14日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(19)
定着する愛国消費トレンド 新興中国ブランドが続々登場
中国の国産製品やブランドの品質が向上し、そのコストパフォーマンスの高さや種類の豊富さを支持する中国の消費者が増えている。中国で「国潮」(愛国)と呼ばれるトレンドで、中国ブランドの人気は年々高まりを見せている。中国調査会社のQuestMobileの統計によると、2020年の双11セール期間中に、中国ブランドをより好む消費者の割合は57.2%に達したもよう......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月12日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(18)
ホームエンタメで新商品 旅行・出張でも新たなニーズ
コロナ危機以降、自宅が重要な娯楽の場として注目を集め、より専門的な娯楽ニーズや次世代テクノロジーへの期待が高まっている。2020年の双11セールでも、ハイテクを駆使した娯楽製品が高い売上を記録した......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月12日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(17)
味と栄養の両方を追求 低糖質炊飯器も発売
消費者の健康志向は年々高まっている。美食よりも健康的な食生活が重視されるようになり、健康維持の方法も多様化が進んでいる。ネットで人気の“網紅”(ワンホン)ラーメンブランド「拉面説」は、代替肉(植物性肉)を使用したラーメンを発売......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月11日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(16)
消毒・殺菌製品が大人気 電子機器にも波及
新型コロナウイルスの流行は、人々に日常的な衛生の重要性を知らしめた。消毒・殺菌製品は人々の生活に定着。アフターコロナの時代にも、全方位型の消毒・殺菌製品が大きな需要を生んでいる......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月11日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(15)
若い世代が消費主力層に ニーズ捉えた商品・デザイン
「90後」(90年代生まれ)、「00後」(2000年代生まれ)世代に代表される新世代の若い消費者は、双11セールの主要な消費者層でもある。彼らの消費の特徴を掴み、その興味を追求することは、人気商品を生む近道と言っても過言ではない......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月8日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(14)
商品紹介も動画の時代に ゲームとクーポンをセット
天猫や淘宝アプリを開けばわかるように、今回の双11セール期間には、コンテンツのショート動画化も加速した。トップページの推薦枠から、旗艦店のトップページ、商品紹介ページまで、どこもこれまでの静止画像からショート動画に取って変わった......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月7日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(13)
ライブコマースが大盛況 キャラクターによる配信も
新型コロナウイルスの流行で、ライブコマースの発展がさらに加速した。中国調査会社のiiMedia Research(艾媒諮詢)によると、2020年のライブコマース規模は9,610億元に達すると見込まれている。 ライブコマースは、取引規模だけでなく、影響力からも、Eコマースの新たな形式の1つとして定着しつつある......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月6日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(12)
物流と供給網アップグレード 予約販売品を事前に配送
下沈市場での消費を増やすには、物流などのインフラ整備も欠かせない。アリババ集団傘下の物流子会社「菜鳥網絡」(ツァイニャオ・ネットワーク)は、双11セール期間中の配送スピードを加速すべく、多くのブランド企業と提携した。同社のデジタル・サプライチェーン・システムをベースとしたスマート予測システムにより、一部の予約販売商品を事前に下沈市場の配送ネットワークやコミュニティに配送しておいた......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月5日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(11)
下沈市場攻略が至上命題に 大手主導のC2M商品増
中国で三線級以下の地方都市と農村地区を総称する「下沈市場」で、2020年の第1四半期に、消費者のオンライン浸透率は54%に達し、2019年上半期の45%よりも9%増加した。下沈市場の攻略は、アリババ、京東、拼多多などECプラットフォーム大手の共通の戦略となった......

 


 

トレンドウオッチ [ 2021年10月4日 ]

アフターコロナの中国消費分析レポート(10)
抖音と快手が独自のEC展開 微信の私域・ミニアプリも躍進
抖音の公式データによると、双11セール期間中の売上は187億元を突破。11月11日当日の売上も20億元に達しているという。同じくショート動画投稿アプリの快手(クアイショウ)も、双11では自社で運営するECの「快手小店」を中心に展開した。しかし、淘宝(タオバオ)や有賛(ヨウザン)など外部へのリンクは排除しなかった......

 

    1 ページ 全 47 ページ (総数: 464)