中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月30日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(12)
クロスメディアで攻略 TikTokとKOLがカギ
新たな消費者層は情報収集チャネルも以前の世代と異なる。クロスメディア・チャネル型マーケティングは、今後業界の一大トレンドとなるに違いない。特にTikTokに代表されるショート動画が、若年パパママ層の情報収集のファーストチョイスとなっている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月27日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(10)
オフライン専門店の代表~宝貝格子(B&G)と孩子王(kidswant)
宝貝格子(B&G)は「新小売(ニューリテール)」の代表的なベビー用品専門チェーン店だ。 2012年設立で、当初は越境ECを主体としていた。現在はオンラインコミュニティを活用したアフィリエイト機能+オフライン店舗運営の「新小売」業態へと進化を遂げている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月26日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(10)
オフライン専門店の新小売化 下沈市場で特に高い重要性
オフラインのベビー用品専門店は、依然としてベビー用品最大の販売チャネルだ。特に地方都市や農村地区の「下沈」市場では、その重要性が特に高い。一方で、競争も激化している。消費全体がオンラインへと移行するなか、これらのオフライン専門店のブランド化、チェーン化、オンラインとオフラインを融合した「新小売(ニューリテール)」化が進んでいる......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月24日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(9)
90・95後のパパママ層が主体の「種草」消費
「90後」や「95後」世代の若年妊婦たちは、「種草」、ベビー関連コミュニティ、ショート動画アプリなどでの「種草」は、参加者の数も増え続けている。ソーシャルECの小紅書(RED)のほか、天猫(Tモール)や京東などのECプラットフォームも「種草」を重視。 ベビー関連サイトも「種草」を活用したEC機能を追加するなど、「種草」消費は各所で定着しつつある......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月23日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(8)
ベビー関連専門アプリの類型 4割超が1〜2日に1回利用
若年パパママ層は垂直型(専門)プラットフォームのヘビーユーザーだ。ニールセンの統計でも、1~2日に1回は利用していると回答した人が全体の40%を超えている。ベビー関連ブランドにとっては、もはや外せない宣伝チャネルの1つといえるだろう。 ベビー関連の専門アプリは総合型、コミュニティ型、EC型、子供向け早期教育型、ツール型に分類できる......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月20日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(7)
情報源としてのショート動画 情報収集にTikTok利用
TikTokに代表されるショート動画(短視頻)は、パパママ層の情報収集に最も欠かせないチャネルの1つだ。 画像や文章で構成された従来型の情報も依然として多くの人が利用している。ライブ配信形式は最近普及しはじめたばかりだが、すでに半数近いパパママユーザーが好む情報収集チャネルに成長している......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月19日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(6)
“今どき”のパパママのネット事情は? SNSで交流し、KOLから「種草」へ
ベビー関連消費の主力である「90後」世代のパパママ層は、ベビー関連情報やショート動画アプリから情報を収集し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やコミュニティアプリで、他のパパママたちと交流している。消費の際にはKOL(キーオピニオンリーダー)による「種草(リコメンド)」の影響を受けやすく、消費チャネルも多元化している......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月17日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(5)
“今どき”のパパママの購入事情は? 5品目別に消費トレンド分析
ベビー用品市場の成長に伴い、それぞれの品目の売上も増加傾向を示している。ビッグデータ分析の「ECdataway」の統計データによると、キッズウェア・シューズは市場規模が最も大きい品目 で、2019年の売上は531.8億元に達しているという。玩具・知育製品は成長が最も著しく、前年比27.5%増の伸びを記録している......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月16日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(4)
“今どき”のパパママの潜在消費者像は? ~下沈市場、二人っ子家庭、“奶爸”(イクメンパパ)~
中国で今、EC領域の“ブルーオーシャン”と言われているのが下沈市場(地方都市・農村)だ。彼らはベビー関連市場にも大きな潜在性を有している。市場調査会社のカンターが公表した消費者指数(Kantar World Panel)によると、下沈都市の0~3歳の子供の数は大都市の1.5倍に及ぶという......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2021年8月13日 ]

中国ベビー・マタニティ市場調査レポート(3)
“今どき”のパパママの潜在消費者像は? ~90・95後の若いパパママ層~
「90後(90年代生まれ)」世代の若者が、パパママ世代になりつつある。より良いモノを求める「消費昇級(アップグレード)」の影響を色濃く受けている彼らは、ベビー関連市場の客単価を大幅に引き上げ、高級製品の市場シェア拡大にも一役買っている ......

 

    1 ページ 全 45 ページ (総数: 443)