中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月20日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (13)
IoT・AIの発展を背景に 新たな急成長のフェーズに
中国スマートホーム業界は、技術開発から販売、ビジネスモデルなどの各局面で、長年の薫陶を受けた後、いま、新たな急成長の時代を迎えつつある。技術の面でいえば、IoT、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、AIなどの基礎技術が急発展するに伴い、家電製品のスマート化が一気に促進され、消費者の満足度も飛躍的に向上した......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月17日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (12)
LifeSmart: ハイエンド向けに特化
LifeSmartは、2013年に浙江省杭州市で設立された。そのポジショニングは他と異なり、ハイエンドユーザーをターゲットとしたスマートホームのトータルソリューション。B2Bのオフラインチャネルでエンドユーザーに製品を販売している。不動産ディベロッパー、ホテル、老人向け施設などの業界と戦略提携を結び、プロジェクトベースでのソリューションを提供......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月16日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (11)
ORVIBO:スマート基礎電器で起業
ORVIBO(欧瑞博)は2011年設立。スマート基礎電器から身を興し、現在はスマートホームのトータルシステムのサプライヤーに成長した。近頃、ソフトバンク系のSAIF(Softbank Asia Infrastructure Fund )Partnersと聯想之星(Legend Star)などの投資機関から2億元近い投資も受けている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月14日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (10)
BroadLink スマートコンセントから業容拡大
中国のスマートホーム業界では、スタートアップ企業が占める割合も少なくない。外部から融資を受けるケースも増え、億元単位の融資を獲得した企業や、ユニコーン企業となったものもある。分野別では、スマートホームのトータルソリューション、スマートハードウェア、セキュリティ、空気検測などが比較的多い......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月14日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (9)
小米「生態系」 資本参加で提携関係を強化 (2)
2017年、シャオミは、スマートホームシステムの新しい入口(ゲートウェイ)及び操作プラットフォームとして、コストパフォーマンスの高いスマート(AI)スピーカー「小愛同学」を発売した。現在、シャオミのIoTプラットフォームでは、2000種近くの機器と接続が可能だ。接続している機器台数は1.32億台に達している......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月13日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (8)
小米「生態系」 資本参加で提携関係を強化 (1)
スマートフォン(スマホ)メーカーの小米(シャオミ)は、2014年にIoT分野で戦略的に展開すると発表。17年末には、世界最大規模のスマートIoTプラットフォームに成長。接続機器台数は8500万台超、一日のアクティブ機器台数は1000万台超、接続機器800種、提携パートナー企業400社となっている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月10日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (7)
百度OS「DuerOS」 スマートホームのOS目指す
人工知能(AI)の分野で他社を一歩リードする百度(バイドゥ)は、AIのオペレーションシステム「DuerOS」を武器に、スマートホーム領域へ参入した。DuerOSはあらゆるスマートハード端末に接続が可能で、スマホでいうアップルの「iOS」やグーグルの「アンドロイド」といったOS(オペレーション・システム)的な役割を果たすことができるのが特徴だ......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月9日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (6)
アリババ「天猫精霊」 スマートホームの入口を独占
アリババは電子商取引(EC)、物流、金融(フィンテック)、クラウドコンピューティングに続いて注力する新たな“戦場”として、IoT(モノのインターネット)に狙いを定めている。 ここ数年、同社の人工知能(AI)やIoT技術の強みを生かし、スマートホーム業界の生態系(エコシステム)の構築を進めている。スマート(AI)スピーカー「天猫精霊」の音声インタラクティブ(双方向)機能やAI技術を活用し、自社のスマートホームプラットフォームを構築した......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月6日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (5)
スマート化への転換図る 家電メーカー大手各社
中国のスマートホーム産業の主要企業は、家電メーカー、インターネット大手、そしてスタートアップ企業の3つに分類できる。それぞれの代表的企業とその強みをまとめた。ハイアール、美的、格力を始めとする従来型の家電メーカーは、各社ともスマート化を積極的に推進。自社の幅広い製品ラインや市場シェアを生かし、スマートホーム関連製品の開発に取り組んでいる......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年5月3日 ]

一般家庭に普及進む、中国スマートホーム (4)
インタラクティブ体験により 高まるスマートホーム受容度
スマートホームの入口(ゲートウェイ)として、業界関係者から熱い視線を集めているのがスマートフォン(スマホ)だ。その最大の理由は、普及率がすでに高く、アプリなどの操作がしやすい点にある。次いで期待が高まっているのはスマート(AI)スピーカー。スマート音声技術の向上や音声コンテンツの充実に下支えされ、国内外の大手も先を争って同市場に参入している。 スマートロボットとウェアラブル機器がそれぞれ3位と4位にランクイン......

 

    1 ページ 全 35 ページ (総数: 346)